MoffCoin(モフコイン)を紹介!特徴、将来性を解説!

スポンサーリンク

MoffCoin(モフコイン)とは?

MoffCoin(モフコイン)は、創作者、そしてそれを応援する人を繋ぐ国産トークンです。

ブロックチェーンを利用したファンコミュニティシステムをつくりあげるなどをして、MoffCoin(モフコイン)を通してより一層クリエイションの連鎖が生まれることを目指しています。

基本情報

通貨名 MoffCoin(モフコイン)
通貨単位 MoffCoin
公開日 2018年3月
最大発行枚数 200億枚(追加発行なし)
規格 Waves Platform
公式サイト リンク
ディスコード リンク

MoffCoin(モフコイン)のロードマップ


  • 2018.03~04
    MoffCoin(モフコイン)誕生
    公式サイトオープン
    公式キャラクター、コインデザイン公募・投票
    Airdropを実施
    Waves DEXに上場、取引開始
  • スポンサーリンク
  • 2018 Q2~Q4
    認知度拡大期
    MoffCoinオンラインイベントの定期実施
    VTuberとのパートナーシップ
    決済可能な実店舗を増やす
    MoffCoinテーマソングの作成
    投げ銭システムの実装
    日本一のトークンコミュニティへ
  • 2019~
    発展期
    複数の海外取引所への上場
    国内の取引所への上場
    VR空間上での創作物に対する利用
    大型同人イベントでの利用
    ブロックチェーンを利用したファンコミュニティシステムの実現
    MoffCoinカフェのオープン

3つの特徴

オンラインイベントの定期開催

MoffCoin(モフコイン)では、定期的にオンラインイベントの企画を行う予定があるようです。

このようなオンラインイベントが定期的に開催されるトークンは、人が集まりやすく、過疎しにくくなる特徴があります。

実際にキャラクターコンテストが開催されていました。

他にも、コスプレコンテスト、楽曲コンテスト、自慢のペットコンテストなどが予定されているようです。

イベントには賞金(トークン)を用意されるため、より多くの人に注目してもらえるようになっています。

twitter上で投げ銭ができる

β版ですが、MoffCoin(モフコイン)は@tipmoffというアカウントで、twiiter上で投げ銭ができます。

これは日本で最も有名なモナコインにも導入されており、手軽に投げ銭ができることから人気の高いシステムです!

国産仮想通貨モナコインを紹介!特徴、将来性を解説!

この投げ銭システムが一般化されれば、モナコインのように企業やWebサービスから注目されるトークンになる可能性があります。

VR市場への参入(予定)

これはまだ予定ですが、MoffCoin(モフコイン)はVR市場への参入をロードマップに掲げています。

VR市場は、バーチャルYouTuberやVRChatなど人気のコンテンツが多い市場です。

また、VR市場に参入する予定の国産仮想通貨は多くないため、MoffCoin(モフコイン)の独自性の1つとなるかもしれません。

人気のバーチャルYouTuberとのコラボなどがあれば、MoffCoin(モフコイン)の人気急上昇も十分に考えられます。

購入法は?

MoffCoin(モフコイン)は、WavesDEXで購入することができます。

参考 MoffCoin パソコン、スマホそれぞれの購入方法MoffCoin(モフコイン) 公式HP

まとめ

MoffCoin(モフコイン)は、国産仮想通貨の中でも比較的知名度が高く、様々な企画を用意しているため人気のあるトークンです。

企画に参加したり、クリエイターさんに投げ銭をするように購入したり、様々な使い道があるので、ぜひ手に入れてみましょう!

スポンサーリンク