国産仮想通貨マンガコインを紹介!特徴、将来性を解説!

スポンサーリンク

マンガコインとは?

マンガコインは、漫画家とその読者を繋ぐための国産仮想通貨です。

クリエイターとファンを繋ぐ国産仮想通貨は他にもありますが、マンガコインはその名の通り「マンガ」に焦点を当てた仮想通貨です。

また、人気コインであるNANJやVIPSと同様に、5chから生まれたコインです。

スポンサーリンク
国産仮想通貨VIPSTARCOIN(VIPS)を紹介!特徴、将来性を解説!

 

基本情報

通貨名 マンガコイン
通貨単位 MANGA
公開日 2018年4月10日
最大発行枚数 500億枚
規格 ERC20
公式サイト
ディスコード リンク
ホワイトペーパー リンク

マンガコインのロードマップ

  • Webサイト作成
  • イベント実施-Discord内で実施
  • テスト運用-漫画家と連携して、どれくらい寄付が集まるかテスト
  • 上場寄付の募集
  • 上場

 

3つの特徴

クラウド・マンギング

クラウド・マンギングとは、マンガコイン内で使用される造語で、クラウド・ファンディングのマンガ版のことを指します。

流れとしては、

漫画家

こんな漢字のマンガを書きます!(構想を公開)
ぜひ見たい!マンガコインで寄付しよう!

ファン

漫画家

目標達成したからマンガ描いたよ!

という流れになります。

これまでのマンガの公開方法である、「マンガを作成⇒単行本を購入」を一新するシステムになっています。

 

違法アップロードの被害抑止

現在、日本のマンガは違法アップロードが横行している状態です。

違法アップロードを取り締まる法律が存在せず、被害者=漫画家側は打つ手がないためです。

マンガコインはこの状況を打開できると公表しています!

マンガコインが広く流行すれば、マンガの構成段階の状態でファンがお金を支払うことになるため、せっかくマンガを描いても違法アップロードのせいでお金が入らないということがなくなります。

海外に根強い人気を持つマンガを取り扱う

日本の文化の中で特に人気の「マンガ」を取り扱っているので、海外にも注目される可能性があります。

国産仮想通貨のホルダーは、国内が多い傾向があります。

海外のホルダーが増えれば、市場規模が大きくなり、マンガコインの価値が高まるかもしれませんね

 

購入法は?

マンガコインは上場前のため、取引所で購入はできません。

 

まとめ

マンガコインはまだ公表から日が浅く、システムの構想がまだ甘いところもあります(違法アップロードに対する打開策やマンガコイン使用時の特典など)

しかし、運営側がしっかりと構想をねれば、人気の出るコインになる可能性を秘めています。

マンガコインの今後の動向に注目しておきましょう!

スポンサーリンク