国産仮想通貨fetish coin(フェチコイン)を紹介!特徴、将来性を解説!

スポンサーリンク

fetish coin(フェチコイン)とは?

fetish coin(フェチコイン)は、あらゆるフェチに関するコンテンツの取引に使用されるために作られた仮想通貨です。

主に、以下を最大の目標として取り組んでいるようです。

  1. 皆様のフェチ欲求の充実を支援する
  2. 皆様の身体の美点や、あるいは欠点までをも、フェチという観点で価値ある資源とし、またその報酬により、皆様の生活のより一層の充実を支援する

要するに、fetish coin(フェチコイン) は、一般的に『恥ずかしいもの』『隠すべきもの』と認識されているフェチコンテンツの充実を目標としています。

スポンサーリンク

基本情報

通貨名 fetish coin(フェチコイン)
通貨単位 FET
公開日 2018年1月下旬
最大発行枚数 1000億枚
規格 ERC223
公式サイト リンク
ディスコード リンク
ホワイトペーパー リンク

fetish coin(フェチコイン)のロードマップ

2018. Q1

  • fetish coin project 立ち上げ
  • コミュニティ形成
  • 公式 Web サイト・ホワイトペーパーの公開
  • 公式 Web サイト・ホワイトペーパーの英語対応
  • Airdrop 第一弾実施

2018. Q2

  • AirDrop 第二弾実施
  • Web サービスのモック公開
  • 取引所上場および上場記念セール実施
  • Web サービスα版公開(身内でのテスト)
  • FET イベント開催

2018. Q3

  • Web サービスβ版公開(一般公開)
  • フェチ業界の著名人誘致準備

2018. Q4

  • Web サービス本公開

2019. Q1

  • Web サービス改善
  • フェチ展計画

3つの特徴

フェチを持たない人にも満足してもらえるようなシステム

fetish coin(フェチコイン)は、フェチを持たない人にも「コンテンツ供給者」として満足してもらえるようなシステムを掲げています。

fetish coin(フェチコイン)のホルダー・ファンには、非常に多種多様なフェチを持つ人が集まります。

そのため、どんな人でも何かしらのフェチ要素に該当する可能性があります。試しにコンテンツを供給してみたら、思わぬ成果を得られることもあるのです。

最終的には、システムを一般化することでフェチの偏見を排除することを目的としているようです。

 

以下は公式サイトからお借りしたものですが、非常に見やすくてわかりやすいシステム概要なので、ぜひ見てください。

コイン最大発行量が1000億枚

fetish coin(フェチコイン)のコイン最大発行量は、1000億枚と非常に多くなっています。

コイン発行枚数を余剰に設定することで、一枚当たりの価格を比較的安価にし、じゃぶじゃぶと気持ち良くチップを行えるようにしているためです。

ビットコインのようにあまりにも高値になると、投げ銭しづらくなってしまいますよね。

fetish coin(フェチコイン)は気軽に使えることを重要視していることがわかります。

また投資の面でも、仕手による価格操作を受けにくいため、安心して投資することが出来ます。

メディア等の参加に積極的

fetish coin(フェチコイン)はメディア・イベントの参加を積極的に行っています。

他の仮想通貨では、進捗報告があまりされず、ホルダーから不安に思われてしまうものもあります。

fetish coin(フェチコイン)はこのように多くのイベントに積極的に行っているので、そのような不安が払拭されます。

購入法は?

fetish coin(フェチコイン)は上場前ですので、取引所で購入できません。

まとめ

fetish coin(フェチコイン)というかなりデリケートなものを扱う仮想通貨ですが、うまく普及できれば世界中から注目される可能性を秘めいています。

fetish coin(フェチコイン)の今後に注目です!

スポンサーリンク